2016年02月13日

新しい弟子入門

家族が増えました
名前は、「タロ」、紀州犬のDNAを持つ雑種です。モンキードッグを育成する第一人者の方から譲り受けました。
紀州犬のDNAを持っているために、デザートに鹿の骨付き肉を少し遣っています。野生の感性を忘れさせないことが、一番重要と教わりました。頂いた方は、福井県でモンキードッグを育成されている方で、素晴らしい方です。其の人の田畑山には、一切、猿は来ないそうです。子犬を頂きに上がった時も、放し飼いのため、親犬と子犬二匹で鹿を仕留めて、食べたそうです。お腹がパンパンに膨らんでいたそうです。しかし、躾は厳しく口笛一つで何処に居ても帰って来ます。そして、人には一切吠えませんし飛びかかることはしません。叱る時には、息絶え絶えになるまで首を足で踏みつけて、従わせる事だそうです。しかし、何もない時は、120%充分スキンシップをしてやることが一番大事だ。と教えて頂きました。人間の子供と同じです。もう少しすれは、放し飼いにするつもりです。
家の付近には、猪、猿、鹿、熊、狐、狸などが出没します。毎年作るイモ野菜などを巡って熾烈な戦いをしています。今年からは、助太刀が居てくれます。ただ、タロには、まだ受身を教えていません。受身を知らないと鹿や猪に遣られてしまうとのことです。角で跳ね上げられ、牙で腹を裂かれてしまうのです。その為の一番の指導は、飼い主への絶対的信頼と愛情での結び付きだそうです。紀州犬が猪や鹿の猟に優れているのは、守との連係プレイだそうです。信頼する主が現れるまで、追っては引き、曳いては追う…。そして、相手を攪乱させて場合よっては、隙をみて相手を仕留めると言われています。犬に直接合氣道は教えられませんが、特殊な杖を用いて、相手との間合いを教えることで呼吸・感覚・機敏さについて会得させることが出来ると思っています。裏山と畑がその道場です。新しい家族・弟子が一人いや一匹増えました。

posted by 弘心 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする