2016年09月14日

人格を創る

藤平光一(当時財団法人合気会の総師範部長・最高段位十段)先生と出会いをさせて頂いてから今年で50年ちかくなります。その後心身統一道・心身統一合氣道を創設。その間、多くのことを学ばせて頂きました。そして御子息の藤平信一会長(一般社団法人心身統一合氣道会二代継承者)が四歳の時、急病になられて、藤平先生ご夫妻とともに私の自宅に泊まられて、私の主治医に診察をお願いたしまた。その時、藤平先生ご夫妻とともに、合氣談義をさせて頂きました。懐かしい想い出です。その後、東京工業大学の心身統一合氣道部の主将として活躍と同時に父藤平光一宗主から徹底した指導を受けられました。その内容は凄まじいものでした。まさに獅子は我が子を千尋の谷に突き落として其の胆力を試すごときの有様でした。特に海外での指導は、大男を相手に試されたことは後に成って大きな糧となったと述懐されています。私は合氣道界最強と云われた父藤平光一先生の後を継いで最高の指導者となられることを念願しております。今その道を歩んでおられます。会員一同大いなる期待を致しております。
心身統一合氣道の創始者藤平光一宗主が創建された「心身統一道・心身統一合氣道」を学ぶことにより、「心が體を動かす原理」と共に「自らの心の存在」と「自らを取り巻く総ての環境は、自らの心が創り出したものである」ということを知ることが出来ます。少し意識を変えることにより、行動が変わり、習慣が変わり、性格が変わる。結果、人生が変わり運命が変わるのである。即ち「立命」を知ることになります。心身統一合氣道の理念は、「争わざるの理」であり、その目的は「人格の陶冶・人格の涵養」即ち、自らの人格を創ることにあります。自らの心の存在と、宇宙との関わりを自覚することにより、自らの魂をはてしない世界にと誘います。そして、その中に生かされている真の意味が自覚できるでしょう。
                                      
                                                       

posted by 弘心 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする