2017年10月10日

悲しい別れ

悲しい別れ
S君が亡くなった…。42歳…これからという時に。今から40年前、彼の父上と出会いそして合氣道の研修会でいろいろなお話をさせて頂いた。S君が小学生の時…確か父上に連れられて来られた時、出会いをした。
1人での旅先での突然の死…鳥取県の海岸で見つけられたとのこと…。その海岸一帯は、離岸流として知られており、毎年数人が亡くなっているとか…。
残念で仕方がない…。彼は大変心の優しい人でした。私と出会うと何時も気遣ってくれた…。手荷物を率先して持つなど、何かと世話をしてくれた。
内弟子として修業して居たころ、罵声を浴びていた…。その横顔には何とも言えない表情が窺えたのが今も忘れられない。彼なりの言い分も在っただろう…。
私は彼に「嫌なことは全て放下しなさい。もし、何か想うことがあれば舞鶴の道場へ来なさい。蟠りを吐き出せば楽になりますよ。何時でも待っています」と励ましたことは一度や二度ではない…。
自宅での告別式に参列させて頂いた。喪主の奥様から死に至る原因についてお話を伺った。9月28日に海岸で見つかり、司法解剖の結果、溺死…とのこと坦々として話されていた。しかし、日本海では、お盆が過ぎれば、絶対に泳ぐことはしない、何故ならばクラゲが多く又水温も低いためである。何故その様な時に泳いだのか…。まして離岸流の恐ろしさについて立て看板も当然あったのでは…。今となっては魔がさしたとしか言いようがない…。

彼は内弟子をやめて、介護支援の仕事という新しい仕事についた。そして夜などには、教室をもって子どもたちに合氣道の指導を始めた…。順風…と思われた矢先…。

人は何故生きるのか…。何のためにこの世に生れ出たのか…。人を育てる組織であれば、人の上に立つ者であれば、その答えについては即答出来なければならない。ましてや一つ一つの言葉や、導く者自らが模範となるべき厳しさを身につけていなければならない。私の師、安岡正篤先生から「知名と立命」という講義に中で次の言葉を頂いた「性質と能力……人は生まれた以上本当に自分を究死尽くし修練すれば、何十億も人間がおろうが、人相はみな違っているように、他人にない性質と能力を必ず持っている。それをうまく開発すれば、誰でもそれを発揮することができる」と…。即ち、まず、相手がどのような人物かを知ることから始めなければならない。と同時に、相手の総てを受け入れるだけの度量が求められるのである。人は、物事を決めたり、判断をする時、大方の者は、本能・・損得・好き嫌いで決めているのが大方である。このような「原始脳」で決める意志力は、ぐらつきます。確固たる意志力を保つには、理性の脳を働かすことです。どんなことでも自然の法則に反するものは、必ず失敗します。

話をもどして、人の上に立つ者は、人心の把握に血の滲む努力をしなければなりません。人を導くとは、命を掛けた戦いです。その真剣勝負が生死を分けるのです。つづく。


posted by 弘心 at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする