2017年10月21日

自然の中で…導かれて…。



素晴らしい一日…、心の意志が一番強く働いた一日でした。感謝で一杯です。
小さな庵を建てて、土を耕し、季節の野菜を植えて…、晴耕雨読の日々を…。
何のために…何を成すためにこの世に生れて来たのか…。何故生きているのか…何故いきるのか…。こころとは何か…こころは何処にあるのか…長いあいだ心の中に渦巻いていた様々な疑問が不思議と少しずつほどけてきた…。そして確固たる真理を得た…。
その意味では、創造主の導くままに、都会の喧騒から逃れて来たことは、正解だった。

「朝、窓を開ければ、小鳥の声が聞こえて…目の前に四季折々の木々や緑、名も知れない小さな草花が目に映ります…。名も知らない草花と会話をしながら…木々の囁きに耳を傾けている自分を自覚する…。風水によって建てられた小さな庵の…そして机に座って、自作のハーブ茶を…。山から下りてくる緑の香りのする風を肌に感じながら…仕事に…。」仕事の合間には、こころの意志法(瞑想「呼吸法・統一法など」)、さらにイメージによる表武(体技・剣・杖を持ち)…。精神を高めることができるようなった…。

合氣武道というものに惹かれて…そしてその理念である「争わざるの理」…目的である「人格の創造」…行き止まりのない旅に出て、半世紀以上過ぎた…。そして様々な人達と出会い、学び、多くの結果を頂いた。
その一つには総てこころの意志を強く持つこと、そしてその思いに向けて絶対精神で行いをすれば必ず実現するという真理である。

今又、次の目標に向かって進もうとしている…。出会いをさせていただいた多くの方々に…こころからお礼と感謝の気持ちを捧げるとともに、皆さんの御多幸をこころから願い、誓願を建てるものです。





posted by 弘心 at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする