2011年06月04日

菅総理の辞任

前の投稿で、組織を滅ぼし、国を滅ぼす四つの行為「四患」を述べた。
残念なことである。これほどまでの人物とは…。この国の民族であることに
嫌悪感を持つ。

さて、私ならどうするか…。
まず、自民党の谷垣総裁との党首会談において、一大決断をする。
野党の代表としての発言の中で、「貴方がお辞めになれば、私たちは
一致して協力をすることはやぶさかでない…」との言葉があった。

その時に間髪をいれずに次のように切り込む…
「今、野党の代表として、重大な言葉を申された。すなわち、
我が国の国難とも言うべき一大事の時、野党として一致して
この重大な局面に対して全面的に協力していこう、との意思表示を
なされたとお聞きいたしました。
そのことに御意義ありませんね。
私は、今の国難というへきこの時期にあって、いかにして、素早く
そして、国民に対して安心出来る政情にするか、さらには被災された
県民の方々が一日も早く、安定した生活に戻れるか、について今、
政治家はもちろん全ての人々が手を携えて実行しなければなりません。

そのことが我が国の将来はもとより、世界の国々に対しても、今まで
我が国が培ってきた先進国としてのあらゆる技術と文化…、そして
日本人としての誇りを取り戻すことが、望まれています。

そこで、二大政党のリーダーとしての谷垣総裁にお願いがあります。
私が今述べてまいりましたことを確実に現与党であります民主党と
挙党態勢のもとに、実行して頂くとの御決意をして頂きたい。
如何でしょうか。

はっきりと了解頂いたことと今、確認いたしました。
それでは、私の決意を申し上げます。
六月三十日でもって、辞任致します。そして、我が党のニューリーダーの
もとに、再生日本を築いて参りたく念願するものであります。

そして、一日も早く、両党の叡智でもって、今の日本国が世界に誇れる将来を
築き上げて頂きたく、心からお願いをするものでありす…。」

この言葉で、菅氏は今までのダラ菅から、一躍時の人として、マスコミを通じて
支持する人が増えること間違いない。

このことが、知識から智恵に、そして見識、胆識、節操のうち、
胆識と節操が達成するのである。節操のない人物ほど、信用のない者はない。







posted by 弘心 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック