2016年01月26日

天人合一

「東洋に於ける思想・学問・文化は自然と非常に関連がある。むしろ自然に対する体験と思索から発しているといってよい。これが東洋精神・東洋文化を解釈し会得する根本の手がかりになる」

・東洋に於ける思想、学問、文化は、自然に対する体験と思索から発している。
古代から自然は事物であり、法則(理法)であり、神霊であった。自然は普通「他から力を加えることなく、自らそのように存在している状態」を指している。

孔子は自然という言葉こそ用いませんでしたが、自然の存在の中に人格的な天の存在を意識して、「天何をか言うや、四時行われ、百物生ず。天何をか言うや。『論語』(陽貨篇)と語っている。

季節や万物が誰の手を借りることなく、年々規則正しく移ろい成長する姿のなかに、自ら存在するもの(自然)の法則的な働きと、その背後にあってそれを主宰する造花としての天の働きを、しっかり感じ取っていた。

この天と自然について、後出の老荘の思想家たちは自然を理法化して、儒家の言う天より更に根源的と考える自然を、文学的に、「人は地に法り、地は天に法り、天は道に法り、道は自然に法る『老子』(二十五章)
表現し、自然を最高の原理まで持ち上げたのである。

さらに同時代の学者は、道と自然を一つにして、これを易経にある太極と称するようになり、さらに当時の中国は戦国時代で国土は荒廃していったことにより、政権とは無関係な知識人たちはこぞって老荘思想を受け入れていく。

すなわち、荒廃する都市や田園にはもはや真の自然はないとして、深い山水の境を理想郷としてそこに道を求めて深い思索を続けるようになった。

「自然」とは、このような「道」を具現化した「山水」のことで、山水に近づくことが、そのまま「道」についての体験と思索の最良の方法であると考えるようになったのである。
posted by 弘心 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック