2016年06月14日

伝承されない「春の鶯の高音」

今から七年前位から、鶯の鳴き方が変化している。以前にも書いたことがあるが大正時代に、鶯の鳴き合わせ会があり、その時の鳴き声が「ホー、キッチヘ゜カッコー」と啼く鶯が一番人気となった。その鶯を今の値段で一千万円以上の値が付いたが持ち主は譲らなかった、とある。鶯は、春子(春に生まれた雛鳥)を獲って、これぞと思う啼き方をする鶯の声を聞かせて、その鳴き声を覚えさせるのが流行した。

舞鶴の庵の私の山に、毎年鶯がやって来る…。そして啼き声を聞かせてくれる…。ところが、鶯の政調と言われるホー、ホケキョが聞かれなくなった…。
ホー、ホケキキョからホー、チョットコイ、と変化して、動画で紹介する現在の鳴き声になりました。自然界においても、正しく伝承されない現象が起こっている…。人間社会では、なおさらなのであろう。
変化に氣づく感覚を研ぎ澄まさなければならない時代になった。
posted by 弘心 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック