2016年06月14日

挨拶


平成28年6月4日第33回関西地区心身統一合氣道体技発表会において、大会委員長として挨拶

第33回大会開催にあたり、多数の皆さんのご参加を頂き、厚く御礼申し上げます。
又、大会開催にあたり、準備をして頂きました山本本部師範を始め多くの関係者の方々に心から御礼を申し上げます。

さて、今年は、一般社団法人心身統一合氣道会が新しい組織として組織改革を行った一年目になります。
具体的には、一般社団法人の定款変更が行われて、人事の若返りと社員・理事の定数の削減。支部制の廃止・主だった神奈川県支部・広島県支部などが解体されて、総ての道場・教室が本部直轄の位置づけされました。そして、総本部が栃木から東京に移設されたことにより、これからの一層の発展を期待いたします。
武道の心体を創るということは、次の二つを会得することでもあります。
それは、「呼吸・感覚・氣づく力」、であります。全てのものの呼吸を感じ・第六感を働かし・物事の本質をつかみ取ることでありす。
そしてもう一つ、「啐啄同機」(さいたくどうき、又は、そったくどうき)であります。雛が孵化する時は、卵の中の雛が殻を自分のくちばしで破ろうとし、又親鳥もそとからその殻をやぶろうとする、そのタイミングがぴたっと一致するからこそ、雛鳥はこの世に生を受けて外の世界に出ることができる、という禅語゛であります。この二つの働きがどちらかが早すぎても、遅すぎてもいけない、この絶妙な自然の摂理の機を「啐啄同機」というわけです。

いまさら申すまでもなく、心身統一合氣道の創始者藤平光一宗主は、心身統一合氣道の理念は、「争わざるの理」であり、そしてその目的は、人格の涵養・陶冶でもって、自らの人格を創ることにあり、と今から40年前にすでに喝破されていたのであります。

今の世相を見ます時、政財界ともに、「偽」、即ち、偽ること、嘘をつくことが横行しております。人を滅ぼし、組織を滅ぼし、国を滅ぼす、「四患」の意味を忘れているのであります

その中にあって、私達は、心身統一道、心身統一合氣道を通じまして、人格の涵養・人格の陶冶、自らの人格を創る
ことに邁進して頂きたいと思います。
其れでは、皆さんのご健闘を期待して、ご挨拶といたします。
posted by 弘心 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック